おすすめのネイル資格の工程とは?

ネイルサロンでネイル施術を受けている時は、特にすることはありません。
また心がけることもありませんよね。
ネイリストと話がしたければ、作業の邪魔にならない程度なら良いと思います。
(笑顔) DVDなどが観られるサロンであれば、映像に集中しても問題ないと思います。
施術中は、自分にとってベストな時間の過ごし方をするだけですね。
それで良いと思います。
もしも自分が家でネイルケアをしてみたいと思っている人、またプロのネイリストの技術に興味がある人は、ネイリストの施術を観察すると言う時間の潰し方もありますよ。
(笑顔) プロの施術はスムーズで無駄がありません。
ですから、自分でネイルケアをする時の参考になりますよ。
(笑顔) ここでは、そんなネイルサロンの施術工程の一例を上げています。
紹介していきますので参考にしてください。
<ネイルの施術について> 当然ながらケア、アートの種類で工程が異なります。
ここでは、最も一般的なネイルアートの「フレンチネイル」の例について挙げます。
最初に行うことは、ヤスリでの研磨になります。
これは、いわゆる爪とぎですね。
※ネイル施術では「ファイリング」と言います。
※土台となる爪の形を整えます。
そして、次に「ジェルネイル」を行います。
塗布が終わったらUVランプと言う道具を使います。
※UV(紫外線)を当てます。
これによって、ジェルを硬化します。
ここまで終われば、あとはアートを乗せるだけになります。
ネイル資格には道具も必須?安いプランは訳がある!【要注意!】