住宅ローンアドバイザーに借り換えを聞くには

住宅ローンアドバイザーの試験は、一般的に全50問ある内、1問2点として計算されることが主になっています。
しかし、試験の内容や試験を受ける団体によっては、一慨に配点方法を知ることが出来ない場合もあります。
そして、そのうちのどのくらいがこの試験の合格点であるのかというのは、試験委員の間で決定されることになっていますが、大体全般的に60点を取ることが出来るのであれば、合格点に達していると判断することができます。
試験の合否については、成績表や合格証の発送がなされるようになっています。
ですから、試験後に一定の期間待つ必要があるでしょう。
合格点については、知ることが出来ないものですが、試験後にホームページなどで発表される回答から、自分の試験がどうであったかという点について知ることが出来るでしょう。
審査に通りやすい住宅ローン借り換えの銀行の選び方