大人なら歯磨きの仕方はわかります。しかし、これが赤ちゃんだとはわかりませんよね。仕方のない事で貼りますが、ですから、お母さんが丁寧に歯磨きをしてやるしかありません。小さい時には、口臭を気にすることもないとおもいます。(笑顔)。口臭は誰にでもあります。(苦笑)。それでも、子どもの時の歯磨きが大人になってからの口臭に関係していると言うことがあります。(汗)まず毎日の歯磨きが口臭を抑えてくれます。ですから、赤ちゃんの時から歯磨きをしていることで、それが習慣となります。それで、赤ちゃんの歯磨きは、いつぐらいからすれば良いのでしょう!?歯が生え始めたら歯磨きをすると良いですね。そう言われています。(笑顔)。もちろん、最初は赤ちゃん用の歯ブラシを使用しますよ。ですから、比較的に簡単だと思います。子どもの成長に従い、歯磨きのやり方を変えることが大切です。歯医者さんなどに行くと、子どもの歯磨きのやり方を教えてくれますよね。また、パンフレットなどもあるようです。赤ちゃんの時から歯ブラシを持たせる事も良いのですが、実際には殆ど歯磨きは出来ていないと思ってくださいね。お母さんが仕上げ磨きを丁寧してやることです。それが大切です。ですから、これが虫歯の原因となります。最も、乳歯が生えかえる事により歯磨きを徹底すると、虫歯はなくなります。ですから、問題はありませんよ。(笑顔)

関連ページ